京都大学のVC出資の1号案件は、細胞検出と創薬、創薬支援

 京都大学イノベーションキャピタル(京都iCAP)は2016年5月19日、投資の第1弾として、AFIテクノロジー(京都市上京区、円城寺隆治社長)、京都創薬研究所(京都市下京区、武蔵国弘社長)、幹細胞&デバイス研究所(京都市下京区、加藤謙介社長)の3社への出資について発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)