中外、大阪大免疫学フロンティア研究センターに10年で100億円拠出

 中外製薬は2016年5月19日、大阪大学と包括連携契約を締結したと発表した。契約に基づき、中外製薬は大阪大学免疫学フロンティア研究センター(IFReC)での基礎研究に対して、2017年4月から2027年3月までの10年間で総額100億円を拠出する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)