米Aduro Biotech社は2016年5月16日、転移を有する膵癌の3次治療以降の治療を検討したフェーズIIb(ECLIPSE試験)において、異なる2種類の癌ワクチン、CRS-207とGVAX Pancreasを併用しても、化学療法と比較して主要評価項目である全生存期間(OS)を改善することはできなかったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)