新日本科学は2016年5月18日、2016年3月期の決算説明会を開催した。2016年3月期も引き続き赤字決算となったものの、米国での前臨床事業に明るい兆しが見えている他、トランスレーショナルリサーチ事業で新会社を設立することで研究開発費の圧縮を目指していることなどを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)