エーザイ、自社創製のグローバルブランド製品が成長

 エーザイは2016年5月13日、2016年3月期の通期決算(IFRS)の説明会を開催した。グローバルブランドとする、抗癌剤の「ハラヴェン」(エリブリン)と「レンビマ」(レンバチニブ)、そして、抗てんかん薬の「フィコンパ」(ペランパネル)の3製品が伸長したものの、長期収載品が後発品との競合となった日本医薬品事業が苦戦し、売上収益は微減になった。一方、営業利益については自社創製品であるグローバル製品3品の進捗に加え、研究開発費が減少し、さらに事業売却益が発生したこともあり、大幅な増益を達成した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)