塩野義製薬、中期経営計画の経常利益を2年前倒し

 塩野義製薬は2016年5月11日、2016年3月期の通期決算の説明会を都内で開催した。抗HIV薬の「テビケイ」(ドルテグラビル ナトリウム)、「トリーメク」(ドルテグラビル/硫酸アバカビル/ラミブジン)などを発売する英ViiV Healthcare社の売り上げが好調で、同社から支払われる配当金収入によって塩野義製薬の経常利益は1000億円を突破した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)