長崎大学、集団免疫の効果を検証する臨床研究をベトナムで開始

長崎大学熱帯医学研究所小児感染症分野の吉田レイミント教授らは、中部ベトナムのニャチャン市をフィールドに肺炎球菌コンジュゲートワクチン(PCV)の集団免疫の効果を検証する臨床研究をこの夏にも開始する。ベトナムの感染症の研究教育を持つ長崎大学の強みを生かした研究計画であり、その意義を高く評価したBill & Melinda Gates Foundation財団から約12億円を取得することにも成功している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)