キョーリン製薬、ペプチドや核酸用いた創薬も推進へ

 キョーリン製薬ホールディングスは2016年5月13日、新中期経営計画と、2016年3月期の通期決算の説明会を開催。新中計では、重点戦略の1つとして、創薬力強化を掲げ、自社で見出したユニークな標的に対して、低分子の創薬に加えて、ペプチドや核酸を使った創薬を推進する考えを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)