国がん新理事長、「ゲノム医療への取り組みを強化」

 遺伝子情報を使ったオーダーメードの癌治療が受けられる日もそう遠くないかもしれない——。国立がん研究センター 理事長に2016年4月1日に就任した中釜斉氏(元 国立がん研究センター研究所長)は、今後ゲノム情報に基づき、個々人に最適化した医療を提供するゲノム医療の実現に向けた取り組みを強化していく姿勢を、2016年5月10日の所信説明会で示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)