化学及血清療法研究所(化血研)は、2016年5月6日、今後の運営体制に対する方針を発表した。同社は、販売する血液製剤を不正に製造していたため、厚生労働省から2016年1月18日から5月6日まで110日間の業務停止命令が出されていた。今回の方針は、行政処分が終了するのを受けたもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)