米Apple社のApple Wachをはじめとして、最近では、ウェアラブルな生体センサーを搭載したデバイスが様々な会社から発売されている。また東京大学などでは、身体にシールのように貼り付ける極薄のデバイスも開発されている。こうしたデバイスは身体の状態を常にモニタリングできるため、体調の管理や自分がどれだけ運動したのかといったデータを意識することなく得ることなどが可能だ。さらには、老人の孤独死を防ぐなどの応用も検討されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)