オランダMerus 社は2016年5月4日、急性骨髄性白血病(AML)を対象とした、MCLA-117フェーズI/II臨床試験の最初の患者に投与が行われたと発表した。MCLA-117は同社がBiclonicsと呼んでいる二重特異性抗体である。MCLA-117は、AML患者の患者自身のT細胞をリクルートし、活性化して、AMLの腫瘍細胞と幹細胞を殺傷させるようデザインされている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)