米Johnson & Johnson社のグループ企業であるオランダJanssen社と英University of Oxford、ドイツBavarian Nordic社のグループは開発中のエボラワクチンのフェーズI臨床試験の結果を、このほど米医師会雑誌(JAMA.2016 Apr 19;315(15):1610-23:doi:10.1001/jama.2016.4218)に公表した。安全性と忍容性を確認するとともに、ワクチン接種による免疫反応が8カ月後も継続することを認めた。エボラ出血熱は症状が寛解しても6カ月以上、ウイルスが体内に残留することが確認されており、効果が持続するワクチンの開発が望まれている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)