スペインValencia大学のJose V. Medrano氏らは、ヒトの体細胞を直接、減数分裂する生殖細胞に変換する技術の開発に取り組んでいる。今回は、ヒト線維芽細胞株に6遺伝子を導入すると、幹細胞の段階を経ること無く、生殖細胞が得られる可能性を示した。詳細は、SCIENTIFIC REPORTS誌電子版に2016年4月26日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)