フェニックスバイオ、上場資金を活用して米国事業本格化へ

 フェニックスバイオ(広島県東広島市、蔵本健二社長)は、ヒト肝マウスを販売する事業を行っており、2015年3月に上場した。蔵本社長が2016年4月21日、本誌の取材に応じ、今後の事業計画について語った。



 【訂正】当初の記事、および総合トップ「重要ニュース」で蔵本社長の写真として、別の方の写真を掲載していました。お詫びして訂正いたします。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)