米Bristol-Myers Squibb社は2016年4月25日、米食品医薬品局(FDA)が、プラチナ製剤による治療が奏効しなかった転移性あるいは再発性の頭頸部扁平上皮癌(SCCHN)を対象疾患として、Opdivoを画期的医薬品に指定したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)