富士フイルムの2015年度決算、メディカル分野は好調、今後もM&Aを継続

 富士フイルムホールディングスは2016年4月27日、2016年3月期の決算説明会を開催すると同時に6月1日付で中嶋成博社長兼COOが退任し、助野健児取締役執行役員が社長に昇格する人事を発表した。併せて事業会社の富士フイルムにおいても中嶋氏が社長を退任し、助野氏が社長に就く。古森重隆会長兼CEOは続投する。また、3月に東芝メディカル買収を手掛けるために用意した資金を活用して、引き続き薬や再生医療に対してM&Aも含む投資を行っていくことを強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)