第一三共、旭川医大の毛細血管幹細胞の再生医療への応用目指す

 第一三共は2016年4月5日、旭川医科大学と同大心血管再生・先端医療開発講座の川辺淳一特任教授が同定した多能性幹細胞である毛細血管幹細胞(Capillary Stem Cells:CapSCs)を用いた再生医療や細胞治療の開発を目指し、共同研究を進めると発表した。三菱UFJキャピタルが運営するOiDEファンド投資事業有限責任組合の100%出資を受けて設立される新会社のOiDE CapiSEA(東京・中央)が、第一三共と旭川医科大との共同研究などに必要な資金を拠出する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)