米Aprecia Pharmaceuticals社は、2016年3月22日、米食品医薬品局(FDA)が、同社の抗てんかん薬「SPRITAM」(レベチラセタム)(経口懸濁液用錠剤)を承認したと発表した。SPRITAMは、3Dプリント技術を用いて製造されており、この製造工程を用いている製品として初めてFDAから承認を得た。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)