京大病院金井氏、自由診療での網羅的癌遺伝子検査の実績報告

 北海道大学大学院医学研究科探索病理学講座は、2016年3月19日、探索病理・腫瘍病理 特別シンポジウム「がんクリニカルシークエンスの臨床実装にむけて」を開催した。同シンポジウムでは、癌のクリニカルシーケンスで先頭を走っている京都大学医学部附属病院がんセンターがん薬物治療科の金井雅史特定准教授が、網羅的な癌遺伝子検査が治療に役立った症例などを報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)