横浜市立大、膵島など3種類を共培養した血管化膵島移植が有用

 横浜市立大学大学院医学研究科臓器再生医学の高橋禎暢氏や武部貴則准教授、谷口英樹教授らの研究グループは、成熟マウスの膵島とヒト間葉系幹細胞(MSC)、ヒト血管内皮細胞(HUVEC)の3種類の細胞を共培養し、血管構造を有する膵島組織を作製することに成功した。2016年3月18日、第15回日本再生医療学会総会で研究成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)