資生堂、毛球部毛根鞘細胞の継代別の遺伝子発現を比較

 資生堂は、培養した自家の毛球部毛根鞘(dermal sheath cup:DSC)細胞を脱毛部に移植する毛包再生医療の研究開発を手掛けている。2016年3月17日から19日まで開催された第15回日本再生医療学会総会で、資生堂の辻弓子氏がDSC細胞の継代培養による遺伝子発現への影響について発表を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)