MSD、抗PD1抗体のペンブロリズマブは個別化医療が重要

 MSDは2016年3月24日、事業説明会を開催した。現在、悪性黒色腫と非小細胞肺癌を対象に承認申請中の抗PD1抗体、ペンブロリズマブについて、Tony Alvarez社長は、「薬剤費が非常に高い薬剤であり、バイオマーカーを用いた個別化医療への取り組みが重要になる」と強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)