三井物産は、2016年3月に製薬企業が後期開発を行っている開発品目へ投資するファンド「NovaQuest4」を立ち上げた。同ファンドの総額は8億6600万ドル(約970億円)で、米NovaQuest Capital management社が投資先の選定など運営を担う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)