ゲノム編集技術とは、生物のゲノムの狙ったDNA配列を認識する部分と、そこを特異的に切断する人工のヌクレアーゼ(核酸分解酵素)からなるものを使って、細胞の持つDNA修復機構を利用することで、切断による遺伝子の不活性化や、切断箇所への人工のDNA断片を導入することで、遺伝子の改変を行う技術である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)