INDEE Medical、自家の皮膚細胞から懸濁液を作製する医療機器の承認取得を目指す

 INDEE Medical(東京・中央、嶋内明彦社長)は、2016年1月に設立されたバイオベンチャー企業だ。オーストラリアAvita Medical社から自家の表皮細胞の懸濁液を作製するキット「ReCell」を導入し、日本で医療機器として承認を取得することを目指している。2016年3月1日、同社の嶋内明彦最高経営責任者(CEO)と、有馬清最高執行責任者(COO)に話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)