山口大玉田氏、固形癌に有効な次世代型CART療法を開発

 「固形癌にCART療法が効かないわけではないということを示したい」――。山口大学大学院医学系研究科免疫学分野の玉田耕治教授は、2016年3月17日から大阪市で開催されていた第15回日本再生医療学会総会の日本免疫治療学研究会ジョイントシンポジウム「免疫が変える“がん治療の世界”」で講演し、固形癌に対して効果を発揮する次世代型のキメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法を開発したと初めて報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)