2016年3月19日に大阪市で開催された第15回日本再生医療学会総会のスポンサードシンポジウム「再生医療の臨床は、どこまで進んだのか?」(共催:T&Cホールディングス)で講演した、T&Cホールディングス顧問で名古屋大学の上田実名誉教授は、幹細胞の培養上清を用いた再生医療について、臨床研究の準備を行っていることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)