東京医科歯科大学の関矢教授、軟骨半月板再生の製品化目指す

 東京医科歯科大学再生医療研究センターの関矢一郎教授は2016年3月19日、大阪市で開催中の第15回日本再生医療学会総会で「変形性膝関節症の再生医療」と題する講演を行い、滑膜由来の幹細胞を用いた再生医療で治験を計画していることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)