自家培養表皮ジェイスは自家移植との併用で成績向上

 東京医科大学形成外科学分野の松村一主任教授は2016年3月19日、大阪市で開催中の第15回日本再生医療学会総会で「自家培養表皮シートを用いた再生医療の実績と今後」と題する講演を行い、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)の自家培養表皮「ジェイス」が承認されて以来の6年間にわたるサーベイランスの結果などに基づいて、実臨床における現状と課題などを語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)