米Amgen社は、2016年3月16日、脂質異常症治療薬として市販されている、プロ蛋白質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)に対するモノクローナル抗体evolocumab(商品名「Repatha」)をカバーする2件の特許の妥当性を争う裁判で、デラウェア州の陪審がAmgen社に有利な評決を下したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)