米Allied-Bristol Life Sciences(ABLS)社は2016年3月16日、米NYU School of Medicineから、Wnt signalling パスウェイを標的とする、独自に発見した分子をライセンスするために、新たにiβeCa Therapeutics社と呼ばれる子会社を設立したと発表した。ABLS社は、米Allied Minds社と、米Bristol-Myers Squibb 社が設立した合弁会社である。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)