厚労省研究班、HPVワクチン副反応に海馬自己抗体が関与か

 厚生労働省が3月16日に開催した「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状に関する厚生労働科学研究事業成果発表会」において、「子宮頸がんワクチン接種後の神経障害に関する治療法の確立と情報提供についての研究」班の池田修一班長(信州大学医学部脳神経内科、リウマチ・膠原病内科教授)が、同障害の疾病感受性遺伝子を探索するためにHLA型を探索中であることを明らかにした。さらに同研究班では、研究用のモデルマウスを作成していることも発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)