米Celldex Therapeutics社は2016年3月7日、独立したデータ安全性モニタリング委員会(DSMB)が、新規に診断されたEGFRvIII陽性の膠芽腫患者を対象とした癌ワクチンRINTEGA (rindopepimut)のACT IVフェーズIII臨床試験の継続が、微小残存病変(MRD)を持つ患者の生存率で、統計上有意なレベルに達しないであろうとの判断を下したと発表した。同臨床試験では、RINTEGA群とコントロール群の両群が、ほぼ同様のパフォーマンスを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)