九州大学大学院理学研究院生物科学部門の広津崇亮助教は、線虫を利用して癌を早期診断する手法を開発し、その手法を事業化するベンチャー企業スマートエレガンス(福岡県久留米市、田村拓也社長)を設立した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)