環境省がカルタヘナ法の施行状況検討に「ゲノム編集」追加

 環境省は2016年3月10日、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(カルタヘナ法)の施行状況の検討について」という題名の報告書(案)について、意見の募集(パブリックコメント)を開始した。締め切りは2016年4月8日。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)