アークレイ、ヒトiPS細胞から膵島細胞を作製できる培養装置を開発

 アークレイは、培養液の送達などを自動で制御し、ヒトiPS細胞から分化細胞を作製できる流路型培養装置を開発したことを、2016年3月9日に発表した。同社は、京都大学再生医科学研究所と共同で、同装置を用いてiPS細胞から膵島細胞を作製できることを確認した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)