オンコリス、抗HIV薬のライセンス活動は年内をめどに終了

 オンコリスバイオファーマは、2016年2月29日、2015年12月期の決算説明会を開催した。抗HIV薬のOBP-601(センサブジン)について、浦田泰生社長は、導出活動を実施するのは年内をめどに終了する予定であることを説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)