ロシュ・ダイアグノスティックス(東京・港)は、3月3日に上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異を検出する検査薬「コバスEGFR変異検出キットv2」の製造販売承認を取得した。これは非小細胞肺癌患者のEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)適用の判定を補助する検査薬で、近く正式承認される、T790M変異陽性患者用の治療薬オシメルチニブのコンパニオン診断薬に当たる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)