マイクロRNA(miRNA)ベースの治療薬を開発している米miRagem Therapeutics社は、2016年3月2日、同社が保有する癌治療薬候補で、miRNA-155に対する合成miRNAアンタゴニスト(LNA antimiR)であるMRG-106のフェーズI試験を、皮膚T細胞リンパ腫(CTCL)のうちの菌状息肉症の患者を対象に開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)