北大病院、自由診療で癌遺伝子の網羅的解析を実施へ

 北海道大学病院は2016年3月2日、都内で記者会見を開催し、保険外の自由診療として癌遺伝子を網羅的に解析し、治療方針の決定に生かすため、「がん遺伝子診断部」を設立し、「がん遺伝子診断外来」を開設すると発表した。がん遺伝子診断外来は、2016年4月1日付でスタートさせる。また同日、三菱スペース・ソフトウェアは北海道大学病院のがん遺伝子診断部と連携し、癌遺伝子情報のデータ解析を開始すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)