文部科学省は2016年3月1日、脳科学研究戦略推進プログラム「BMI技術を用いた自立支援、精神・神経疾患等の克服に向けた研究」を見直すことを決定した。公表された中間評価(案)で、全体として優れた研究成果を生み出しているものの、一部の計画を見直す必要があるとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)