2014年、ギニア、シエラレオネ、リベリアなど西アフリカで感染拡大したエボラ出血熱は、これらの国の国民生活や経済活動に大きな影響を与えただけでなく、国際社会にも大きな衝撃と不安を与えた。また、アラビア半島諸国を中心に発生が確認された中東呼吸器症候群(MERS)は、昨年5月、韓国で感染拡大が見られ、その経済損失は9兆3373億ウォン(対GDP比0.61%)である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)