トランスジェニック、免疫生物研に出資し3%超保有へ

 トランスジェニックは2016年2月12日、免疫生物研究所が第三者割当により発行する新株式と転換社債型新株予約権付社債を引き受けると発表した。払込期日は2016年3月1日。新株式取得により、トランスジェニックは免疫生物研究所の総株式の3.04%を保有することとなる。また、新株予約権付社債を株式に転換すと総株式の5.23%を保有し、免疫生物研究所の清藤勉社長に次いで持ち株比率で第2位となる。今回の出資の狙いについて、2016年2月16日、トランスジェニックの福永健司社長と清藤社長が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)