さて、前回、生命動態システム研究の国内外の取り組みを概観したわけだが、日本の取り組み(生命動態システム科学推進事業など)の多くは2016年度で支援期間が終了してしまう。世界各国がしのぎを削っている中、これまで積み上げてきた成果をさらに発展させるためには、次のプロジェクトを立ちあげなければならない。

【訂正】第1段落に、「生命動態システム科学推進事業、CREST、さきがけの初年度採択課題」との記述がありましたが、「生命動態システム科学推進事業など」に訂正しました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)