分子生物学の進展によって、様々な生命活動の背景にある、DNA、RNA、タンパク質などの要素分子群の織りなす複雑な相互作用ネットワークが明らかになってきた。そのため、これまでの要素還元的な研究だけでなく、多要素の形成する複雑なシステムの動態を理解することが、生命システムの破綻の結果としての疾患を理解することにつながる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)