国がんとPMDAが包括的連携協定を締結

国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:堀田知光氏、国がん)と独立行政法人医薬品医療機器総合機構(理事長:近藤達也氏、PMDA)は2月2日付で包括的連携協定を締結した。PMDAは2015年4月より、従来の連携大学院制度を包括的連携協定へと発展・強化しており、国がんはその第1号となる。人事交流は以前から両者の間で実施されていたが、本協定の締結によりより強固な協力体制を構築するという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)