蛋白質の受託製造、樹立したハイブリドーマの権利は誰が持つか?

 メディリッジ(東京・中央、眞鍋幸子代表取締役)は、主に製薬、診断薬企業やアカデミアの研究者を対象にした組換え蛋白質や抗体、ペプチドの受託製造を行うCMO事業やポリクローナル抗体作製などの研究支援事業、CRO事業を手掛ける。2016年1月20日、同社の眞鍋幸子代表取締役が、蛋白質の受託製造について本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)