Oxford大学のMichel Ozborne准教授が今後10~20年の間に47%の仕事が機械に取って代わられるという論文を発表して以来、日本のメディアでもAI(人工知能)がよく取り上げられるようになっている。ただし、その中にはAI万能主義的な観点から、過剰な危機感や期待感を持っている例も少なくない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)