米ArQule社は2016年1月25日、肝細胞癌に対するセカンドライン治療として、c-MET阻害薬tivantinibを評価するフェーズIIIのMETIV-HCC試験から、予備解析の結果を発表した。スクリーニングを行った患者では、治療前にMET遺伝子の増幅が認められ、フェーズIIのデータが確認された形となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)